MOSHIASU(もし明日)では、世の中の様々なサービスを消費生活アドバイザーのミノルが実践をしてご紹介しています。

【QUOREA(クオレア)】加入団体を調べてみました。

こんにちは!

消費生活アドバイザーのミノルです。

今日は、QUOREA(クオレア)の運営会社である株式会社efitが加入する団体を調べてみました。

株式会社efitの加入団体は?

ホームページを確認すると、次の2つの団体に加入しているようです。

・一般社団法人Fintech協会

・一般社団法人 ブロックチェーン推進協会

一般社団法人Fintech協会とは?

ホームページでは、事業内容として「当協会では、新たなFintechサービスが生まれやすい環境整備に向けた法改正への具体的な提言や関係各団体との会合をはじめ多くの活動を実施しています。」とのことです。

2014年10月に「第1回 Fintech Meetup」を開催し、2015年9月24日に一般社団法人Fintech協会を設立のようです。

詳しくは次回に登記を取得して調べてみたいと思います。

一般社団法人 ブロックチェーン推進協会とは?

ホームページによると、「BCCCは、ブロックチェーン技術の幅広い普及推進を行う団体です。ブロックチェーンの最新情報や基礎知識の取得技術者や企画者の育成、ネットワークの形成意欲的な実証実験や実装の実施ブロックチェーン関連のビジネスを広く市場に告知しブロックチェーンの様々なビジネスへの普及を推進しています。」とのことです。

代表理事は、アステリア株式会社代表取締役社長平野 洋一郎さん。

副代表理事は、カレンシーポート株式会社代表取締役CEO杉井 靖典さん。

多くの会社が登録しているようです。

こちらについても、また次の機会に調べてみたいと思います。

株式会社efitの資格は?

株式会社efitが有する資格は、金融商品取引業者 投資助言業 関東財務局長(金商)第3180号とのことです。

金融商品取引業者とは、金融商品取引業を行うものとして内閣総理大臣の登録を受けた者です。

株式会社efitの場合は、投資助言業ですので、「投資顧問契約(当事者の一方が相手方に対して、口頭、文書等の方法により助言を行うことを約し、相手方がそれに対し報酬を支払うことを約する契約)を締結し、当該投資顧問契約に基づき、助言を行うこと。」等を行う事業者ということになります。

この資格があるので、暗号資産の自動売買取引ができるわけですね。

最後に

QUOREA(クオレア)の運営会社株式会社efitは、加入している団体や、資格についてもホームページで公表しています。

実際に金融庁の金融商品取引業者の名簿にも出ていました。

こういった内容を公表してもらえると安心できますね。

このQUOREA(クオレア)へご興味がございましたら、下記よりご登録をご検討ください。

登録は無料です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

消費生活アドバイザー ミノル

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!